不登校の生徒こそインターネット学習をすべき:今どきの、インターネット学習法

不登校の生徒こそインターネット学習をすべき

不登校(登校拒否)の子供が増加し、不登校生徒の学力の低下は深刻な問題となっています。
日本の子供の学力の低下は、こうした不登校の問題や教師の質の低下、ゆとり教育などが複合してもたらした結果です。
ゆとり教育ばかりを見直しても問題は解決しません。


そこで、最近不登校生徒の受け皿として、全国で増えているのがフリースクールです。
インターネットで検索してみると、フリースクールのホームページがいくつも検索されます。
フリースクールを支援するNPO法人等の団体も増えています。


また、同様の理由から通信制の高校や単位制の高校も増えています。
通信制の高校では、通信大学と同様に課題をレポートにまとめて提出する学習方法を取っているところが多いようです。
インターネットが普及した現在は、パソコンを使って学習するスタイルが多くなり、更に充実した教育が提供できると思います。


しかし、不登校の生徒さんの多くは、きっかけさえあれば復学したいと思っている場合が多いのです。
フリースクールではなく、元の学校で友達と同じように勉強し、遊びたいと思っているのです。
しかし、不登校の期間がが長いほど学校の授業についていけなくなり、復学しても再び不登校になるケースが多いようです。
そうならないためには、インターネット学習塾や通信教育による自宅学習は絶対必要なのです。
学習サポーターを派遣している家庭教師会社も増えており、マンツーマンで勉強することも可能な時代です。
家庭教師や塾の授業をインターネットで配信することにより、コストを抑え低料金でのサービスを提供する会社も多くなりました。


一方で、そういう学習方法の多様化が不登校生徒を増加させるという声もあります。
しかし、どちらにしてもインターネット学習法の多様化と普及率はますます増えていくことに変りはないでしょう。
ということは、不登校の生徒こそ、インターネット学習をもっと取り入れ、学力の低下を防ぐ事を考えなければならないという事です。


未分類

検索

リンク
サイト情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。